Event is FINISHED

未来食卓会議 〜Mirai Table Meeting〜 1st meeting:世界から見る未来食材「蕎麦」

Description
「未来食卓会議」は100年後に残したい日本各地の食を編集・発信し、次世代へ繋いでいくプロジェクトです。
初回となる1st meetingでは、"都会生活者と生産者を繋ぐ"「もうひとつのdaidokoro」とコラボし、世界で愛され楽しまれている未来食材「蕎麦」をテーマにお送りします。フランス・ブルターニュ地方で生産、楽しまれている蕎麦を紐解きながら、日本の蕎麦職人の方をお招きし、今後、未来食材としての蕎麦の可能性を探ります。また、当日は料理家・蓮池陽子による世界各国の蕎麦料理もご提供します。

<当日のメニュー>*変更の可能性あり
*蕎麦粉2種のテイスティング(仏ブルターニュ産・国産)
①蕎麦粉の海苔巻き上げ(日本料理)
②キッカ・ファルス(仏ブルターニュ料理)★ブルターニュ産蕎麦粉を使用
③Atelier SOBAの蕎麦パスタ(フランス料理)
④蕎麦の実のカーシャ(ロシア料理)
⑤ズリヴァンカのフルーツタルトアレンジ(スロヴェニア料理)

<ゲストスピーカー>
◯Takako et Naoko
:仏ブルターニュ地方で日本フランスの食の架け橋として活躍する日本人女性ユニット

◯Christine LARSONNEUR氏
:ブルターニュそば協会の事務局長)*スカイプにて参加

◯Atelier SOBA
:仏パリで有機そば粉を使用したパリジャン向け手打ちそばを製造販売。蕎麦も自家製予定)*ビデオメッセージ参加

◯北沢正和氏
:長野県・佐久市の伝説の蕎麦料理店「職人館」店主、トップシェフたちに影響を与え続けている

<企画・運営>
◯福留千晴
:「未来食卓会議」発起人。実家が鹿児島の芋農家で、地域・食のブランディング&PRを展開中

◯蓮池陽子
:「未来食卓会議」発起人。料理家・フードデザイナー。日本各地の食のストーリーを発信し続けている

◯菊池博文
:「未来食卓会議」アドバイザー。フードプロデューサー。東北にてローカルガストロノミーを展開中
Fri Jul 20, 2018
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
もうひとつのdaidokoro(WACCA 池袋5F)
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都豊島区東池袋1-8-1 Japan
Organizer
未来食卓会議 〜Mirai Table Meeting〜
31 Followers
Attendees
4